株を何となく儲ける為の手段、という漠然としたものと思っていませんか?実は株というのは投資先の企業と密接に関わるという事なんです。

仕事について話し合っている男女
  • ホーム
  • アルバック株は有機EL向けの受注!新たな投資尺度に

アルバック株は有機EL向けの受注!新たな投資尺度に

アルバックの株においては、数年前から液晶ディスプレイ向けや太陽光パネル向けの製造装置が想定以上の落ち込みとなったことから、株価が長く低迷する状況が起こっていました。
その結果として2014年9月にはアルバックの株価は、以前の2000円台から1200円まで急落をする事態が起こっています。
また、去年においては中国のスマホメーカーを中心にして設備投資を大きく減らす動きが年間を通して出ていました。
そのため、去年のアルバックの株価は2000円前後で一進一退を繰り返す状況が生まれていました。

しかし、アルバックの株価においては去年の10月からは急激に上昇をして、一気に3000円を超えるまでの上進をみせています。
この時期にはアルバックへ中国を中心にしてスマートフォン向けの液晶ディスプレイ製造装置の受注が入っていることが、ニュースとして取り上げられるようになっています。
その結果として、アルバックの今後の業績期待が高まって、株が急激に買われる状況が生まれてきています。

また、スマートフォンの大手では、数年先の機種ではディスプレイに有機ELのタイプを採用することが宣言されています。
この有機ELディスプレイの製造装置を手掛けているのがアルバックなことから、株式市場では一躍注目を集める銘柄になってきています。
したがって、今後のアルバックは有機EL関連銘柄として、投資家から扱われることになります。
今後においては、有機ELの製造装置の受注がどのくらいあるかが重要な投資尺度になっていく可能性があります。
これからは有機ELの製造装置の受注が予想以上に入るようであれば、株価は大きく上昇していくこともあり得ると考えます。

関連記事
  • 打ち合わせしている男女
    アリババの金融は将来的に株式市場へ上場の準備 アリババでは中国で電子商取引を展開している大手企業となっていますが、自社で金融部門も抱えていることも... 2018年11月03日
  • 複数の一万円札
    株の売り買いとは 株の売買とは、企業のオーナーの一人になる事です。 実際には保有数が高くなければ本当の意味でのオーナー... 2018年08月27日
  • 赤いネクタイをする男性
    JPMCの名前を語った株の詐欺に注意 JPMCは2015年まで日本の証券市場にも上場していて、株の売買をすることができました。 しかし、現... 2018年10月15日
  • グラフ
    海外の株取引とは 日本の証券会社では、近年において海外の株取引ができるところが徐々に増えてきています。 日本の証券会社... 2018年09月29日
  • 東京瓦斯株式とトルコの繋がり 株式投資において、銘柄の選定は重要な要素の一つです。 しかし、上場している株式会社は一つ一つ見るのは... 2019年01月04日