株を何となく儲ける為の手段、という漠然としたものと思っていませんか?実は株というのは投資先の企業と密接に関わるという事なんです。

仕事について話し合っている男女

株の売り買いとは

複数の一万円札

株の売買とは、企業のオーナーの一人になる事です。
実際には保有数が高くなければ本当の意味でのオーナーにはなれませんが、購入する事で保有者としての権利を行使できるようになります。
この権利は株主権と呼ばれ、法律で保護されているものです。
例えば、総会に参加して決議に参加する事です。
総会は会社の方針を決める大切な場であり、会社経営に参加する貴重な機会となります。

総会における決議は、基本的に多数決となります。
株式の保有数が多いほど投票数が多くる仕組みですから、保有数が多い方が会社経営への影響力と責任とが大きいものです。
また、株主優待や配当金に代表される、利益の分配を受ける事です。
これも、株式の保有数に応じて優待の有無や配当金の額が決まります。
保有数が一定以上であれば優待を受けられますし、配当も保有数に応じて増えるものです。
ただし、利益分配があるのは会社の経営が上手く行っている事が前提です。
経営状況が悪い場合は分配が少なくなったり、あるいは次回に見送られる事もあるので注意しましょう。

この他にも、会社の資産を受け取る事です。
株式を購入した企業が残念ながら倒産してしまった時、会社が保有する資産は売却され、株式の保有数に応じて分配される事になります。
ただし、分配は債権者が優先されるものです。
債権者に分配が済んだ上で、余剰財産がある場合に分配を受ける事ができる仕組みです。
このように、株の売買とは企業のオーナーとして経営に参加できる権利を得る事に他なりません。
保有数に応じて権利を行使した際の影響力は強まりますし、優待や配当金等の分配でも大きな利益を得やすくなります。
同時に、その影響力に比例する責任の重さもあるものです。

関連記事