株を何となく儲ける為の手段、という漠然としたものと思っていませんか?実は株というのは投資先の企業と密接に関わるという事なんです。

仕事について話し合っている男女

海外の株取引とは

グラフ

日本の証券会社では、近年において海外の株取引ができるところが徐々に増えてきています。
日本の証券会社の取り扱ている海外の取引では、海外の証券取引所に上場している個別株が日本にいても売買することが可能となっています。
海外の株取引としては、アメリカの上場企業への売買ができる証券会社が最も多いです。
アメリカの上場企業には日本でもお馴染みのブランドのグローバル企業が少なくないため、日本の投資家の売買ニーズが大いに存在しています。
また、アメリカの上場企業には世界をリードする有名IT企業などがあるため、成長期待の投資ニーズも高い状況があります。
そうした環境があることから、日本の個人投資家でもアメリカの個別株の取引を行うケースが増えてきています。

次に証券会社によっては、中国の個別株の売買ができるところが存在しています。
中国では日本とは比べものにならないほどに、高成長企業が次々と生まれてきています。
そのような高成長の期待がある中国企業へ個人が投資をするケースも増えてます。
さらに近年では証券会社の中には、タイやベトナムなどの新興国の個別株が購入できるところも出てきています。
なお、海外の個別株を購入する時には、外国株専用の口座管理料が新たに必要になることがあります。

また、税制も国内の証券取引とは違ってくる面が出てきます。
日本では特定口座を使うことによって確定申告をしないでもすみますが、海外への投資では確定申告が必要になってくる違いが出てきます。
このように海外への投資は税制上の違いがあります。
しかし、海外への投資は日本の投資家にとっては選択肢を大きく広げる役割があるために、十分に検討をする価値があると考えます。

関連記事